home Uncategorized コストと目的を比較しよう

コストと目的を比較しよう

開業する際、会社への出入り口をはじめとした機密条項を扱う場所についての入退室管理を行っていますか?ネットに接続できるパソコンのウィルス対策はもはや常識となっていますが、開業を考えている企業の中でも、入退室管理などの物理的なセキュリティ対策は興味がないという企業が多いのではないでしょうか?ですが、今やこういった対策は会社の運営にとても大切なものとなっています。関係者以外の侵入を防止するだけでなく、対策をしているということで関与先への信用も得られ、管理者の仕事負担の削減などいろいろなメリットがあります。不審者の出入りを防止する、履歴を閲覧できるようにする、出退勤管理をするなど、採用する目的に応じて費用も変わってくるので、掛けられるコストと目的を比較しつつ考えると良いのではないでしょうか。

入退室管理とは、人物を区別することによって、部署・職責や用途に応じて、入退室出来る部屋を制限し、入退室の履歴を管理することをいいます。情報流出のほとんどが内部関係者とというのが現実です。関係者以外の排除は言うまでもなく、内部関係者に対する入退室の管理が情報漏洩の危険性を減らすうえで最も重要ではないでしょうか。

最近ではテクノロジーの進歩により、個々の認証方式が多様化しているため、それぞれに合った多彩な機能を取り入れることが可能です。さらに、何個かの認証方法を合体させることによって、セキュリティの程度を変化させることが可能になるので、単純な管理から高度な管理までニーズに応じて対応することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *