home Uncategorized 託児所で行われる教育にはどんなものがあるのか

託児所で行われる教育にはどんなものがあるのか

託児所という言葉は誰もが聞いたことがあるはずです。託児所の定義としては、「乳幼児の保育をする」という意味です。理解しやすい例では、保育園もこの託児所の一つとして挙げられます。保育園は基本的に乳幼児を保育することが業務であり、そのため子供の教育を行う事がメインの役割ではありません。ただ最近の保育園などは保育の時間内に教育を行っているところが多いですが、細かくいえば教育をしなければならない、という根拠はないのです。
ある意味時間つぶしのようなものとも言えます。

それに比べて幼稚園はどうなのかというと、幼稚園は託児所などではなく、管轄なども文部科学省になります。つまり幼稚園は子供の教育をメインにしているところであり、そこが保育園との違いであるといえます。

「埼京線なら痴漢できる」教育委職員を逮捕。なぜ埼京線は痴漢が多いのか? – NAVER まとめ

保育園以外でも現在は多くの託児所があります。個人運営の託児所もあれば、市町村や自治体が運営してる託児施設もあります。
また最近は会社内に託児所を設けて、女性が働きやすい環境をつくっている会社もあります。年齢も乳幼児だけでなく、小学校児童の面倒を見てくれる託児所もあります。どの託児所についてもいえる事ですが、基本的に託児所では子供の教育に責任はもちません。あくまで子供を保育する場所であって、教育をするといってもそういったカリキュラムがあるからではありません。

ただ保護者の要望等から保育時間内に教育的な内容を取り入れることはありますが、根本的には勉強をする場ではないです。
そのことを親がよく理解しなければ、託児所で教育をやってくれない、と不満やクレームになってしまいます。したがって、預ける側の保護者も託児所のシステムや定義をよく心得、それに納得したうえで預けなければいけません。もしきちんとした教育をメインでしてほしい場合は、幼稚園や他の預け先を探す必要があります。基本的に子供の教育は家庭で行うのが主流だと認識して、こどもの教育的内容に納得いかないことがあっても決して他所に責任転嫁しない謙虚さも重要です。